空くん&琴ちんとの日常と、しもサンのあれこれブログ!
 
◎ お知らせ ◎

相互リンク大歓迎!!

当ブログはリンクフリーです。
リンクは必ずTOP PAGEのURLでお願い致します。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、巷で話題の(?)、脳内メーカーをやってみました。







まずは、空くんからです。






























空の脳内

おお~!
空くんの脳内は「幸」が「遊」に包まれていますね~!
これは遊ぶことが空くんの幸せということですかね~♪

ピッタリの結果

やっぱり空くんには遊んでる姿がピッタリだもんねー!(≧▽≦)







次はこそらくんです。































こそらの脳内

むむっ、なんじゃこりゃ!?
「秘」と「悩」の中に「金」がある・・・。

謎の男?

どうやらこそらくんは、
可愛い顔して、かなり腹黒い男のようですな(笑)







さて続きまして、

私こと、しもサンの結果です。

私の場合は本名とハンドルネームの両方でやってみましたが、
本名の方はあまり面白い結果ではなかったので、
ハンドルネームの方の結果を紹介します(^◇^;






























しもサンの脳内

グハ!(゚д゚;)

愛と肉欲に塗れた結果となりました!!(爆)


ヘンなイメージが

す、素敵ってアンタ・・・(汗)
どーすんのよ!
私のクリーンなイメージがぁぁぁ!!
・・・って、元々ありませんね、そんなイメージ(苦笑)









えー、気を取り直しまして、

最後はしもヨメです。

しもヨメの場合は本名での結果となります。






























しもヨメ(本名)の脳内

・・・彼女の脳内には「食」しかありませんでした(爆)
あまりの単純且つ、明快な結果に度肝を抜かれたワタクシ・・・(≧▽≦;)

快挙!!
まあ、確かに食べること大好きな、しもヨメにピッタリだし、
これだけ分かりやすい結果はある意味、
快挙と言えなくもないですな(苦笑)


ただし、そんなしもヨメも最近、自分に危機感を感じたようで、
一応、食事制限をしながら、
ビリーに入隊するという努力をしているということを、
彼女の名誉のために付け加えて、お開きといたしましょう(笑)



今日、園芸店に行って野菜と花の苗を買ってきました。







まずは、これです。

シバザクラ

シバザクラです。
『ネトルトンバリエーション』という、品種だそうです。







マツバボタン

マツバボタンです。
『日照り草』ともいうそうですね。
多年草なので、ずっと楽しめますし、
落ちた種で増やすこともできるそうです。







ケイトウ

ケイトウです。
見てのとおり、花が鶏のトサカに似ていることから
この名前が付いたそうです。
『カシミアデコレーション』という品種みたいです。







トマト

トマトです。
『リトルサマーキッス』(中玉)と『黒いトマト』(大玉)です。







トマトの花

もう花が咲いていました。今から収穫が楽しみです。







万願寺とうがらし

万願寺とうがらしです
私は焼いて大根おろしと醤油で食べるのが大好きです~!(≧▽≦)







バジル

バジルです。
これは、うさ友さんのすがわらさんからの頂き物です。
これは空くんにも食べてもらいましょう(^O^)

以上、我が家の新入りさんたちでした。







続きまして、我が家の古株さんの状況です。

イチゴの花

イチゴです。
可愛い花が咲いていました。
1つだけ実がなっていたんですよ~♪







ブルーベリー

これはブルーベリーです。







ブルーベリーの実

すでに実がたくさん成ってきていました。
今年も豊作の予感です(*^∇^*)







ブルーベリー空くんも大好きなので、
収穫したら1番最初に食べてもらおうと思います。

楽しみにしているのら♪

空くん、期待しててね~!(^O^)

北新地まで

てくてく歩き、西梅田にあるニコンのサービスセンターへ到着

しかし、クリーニングの待ち時間は2時間待ち!

仕方が無いので、梅田のニンジンの葉をもらった空くんを激写していこうと思います








パパラッチその1



しもヨメは悶えていたので、モザイクかけときましたか?(汗)










じ・・・
事務所って、
そこからJR東西線で北新地まで
とか思ってるの。


*このエントリは、ブログペットの「SORA」が書きました。

皆さん、どーもです!今日は、早い更新になります。

『うさフェスタ』、行くことになりました!!
会場のどこかで、うさ友さんと出会うかもしれませんね!
お顔を知らないので、すれ違うだけになるかも知れないでしょうけど・・・(;^_^A

お顔を知らないけど、お友達。
そんなネットの世界が不思議で面白いと改めて感じた、しもサンです。





さて、今回は・・・。
うさ友さんである、『うさぎのお茶会』
さとう茶香さんがブログで紹介されていた、
『~あなたの商品企画室~』
というのを、ワタクシとしもヨメもやってみました!




『このサイトでは、あなたを商品として売り出す場合、
どんな感じになるのかってのを占います』




ということですので、それではまずワタクシの結果から・・・。




【商品名】
「京都府魂しもサン組34代目」

【キャッチコピー】
34代目の苦悩と真実を組長しもサンが今語る時!

【種類別名称】
ぱっと見、任侠映画パッケージなのだが実は、34歳の男性(人間)

【商品名】
京都府魂しもサン組34代目

【原材料名】
平凡だった子供時代
何をやっても三日坊主の飽きっぽさ
小心
病気が発祥しそうな不健康気味な肉体
ドス黒く彩られた肺
休暇申請中の肝臓
おもろい事を思いつく発想
弱者への優越感
香辛料
着色料(茶色7号)

【賞味期限】
人間としては後、38年くらいです。
異性の対象としては後、12年くらいです。

【保存方法】
(開封前) たまには話しかけてあげてください。
(開封後の取り扱い) 寂しくなりすぎない程度に接してあげてください。

【製造者】
しもサンの父と母
今から約34年と数ヶ月程前、京都府のとある一室において(以下略)

【使用上の注意】
お子様の手に届かない所で保管してください。
定期的に食べ物を与えてください。
たまには京都府に連れて行ってあげてください。
たまには勉強をさせてください
時には紫外線の浴び過ぎに注意してやってください。
タバコをあまり与えないで下さい。
お酒をあまり与えないで下さい。


「京都府魂しもサン組34代目」の
販売数見込み


京都府出身者の35%が欲しいと一瞬思ったが、
実際売れた数は392個



続きまして、しもヨメの結果です!


【商品名】
「きのこの山としもヨメの里」

【キャッチコピー】
♪きのこのやまのその奥に~しもヨメの里があったとさ~目にも止まらぬおいしさだったとさ~♪

【種類別名称】
さりげないお菓子箱に見えるが、ホントのところ、3×歳の女性(人間)

【商品名】
きのこの山としもヨメの里

【原材料名】
ある意味非凡だった遠き日
何事も粘り強い忍耐力
思いやる心
一般的な平凡的な極めて標準な肉体
休暇申請中の肝臓
人のアドバイスを聞かない頑固者
弱者への優越感
糖分
着色料(黄色4号)

【賞味期限】
人間としては後、56年くらいです。
異性の対象としては後、14年くらいです。

【保存方法】
(開封前) 出来るだけ魅力的な男性の側に置いて下さい。
(開封後の取り扱い) 出来るだけ魅力的な男性に時々会わせてあげてください。

【製造者】
しもヨメの父と母
今から約3×年と数ヶ月程前、京都府のとある一室において(以下略)

【使用上の注意】
お子様の手に届かない所で保管してください。
定期的に食べ物を与えてください。
たまには京都府に連れて行ってあげてください。
たまにはスポーツをさせてください
たまには勉強をさせてください
お酒をあまり与えないで下さい。


「きのこの山としもヨメの里」の
販売数見込み


同年代の人たちに大変話題になり、3×歳の人の35%が欲しいと一瞬思ったが、
実際売れた数は784個



とまあ、こんな結果でした(;^_^A
なんか、余計なお世話じゃい!
なんて思うようなことが書いてあると同時に
なるほどと思うことも書いてあったりして(笑)

でも、しもヨメの商品は、「大変話題になり」って書いてあるのに、
ワタクシの商品は話題にもならなかったみたいで、
少々、寂しさを感じている、しもサンなのでありました(;´Д`)

それにしても、異性としての賞味期限はホンマ余計なお世話やろ・・・(苦笑)
なあ、空くん

どんな商品?

あ、ごめん!
これは人間だけしか、占えないんだよー(^◇^;




がーーーん!




しょぼーん

あらら・・・、空くんしょぼくれちゃったよ・・・(;^_^A




ごめんごめん(汗)、今度うさぎさんも占えるのを探しといてあげるから、
勘弁してね~(^◇^;




・・・ということで(笑)

あなたもぜひ、占ってみてはいかがでしょうか?


こんばんは、しもサンです・・・。

今回は空くんのお話はお休みしまして、
特別編をお送りすることを、お許しください。




ちっぽけですが、とても大切な命がひとつ、夜空の星となりました。

リリーその1

『リリー』、享年13歳。

実家で飼っていた、トイプードルの女の子です。
9月11日、午後11時55分頃、その生涯を終えました。
もう、身体中が病魔に侵されていました。
入院していたのですが、医者にもうダメでしょうと言われ、
それならば、住みなれた家で、最後を迎えさせてやりたいと、
退院させた当日に、その日が来てしまいました・・・。
今、この記事を書きながらも涙が出そうです。
こんなにも悲しいことなんですね・・・。


リリーは平成5年生まれ。
なんと!ワタクシと誕生日が同じ日なのです。


平成6年の2月に我が家にやって来て、
家族に幸福を与えてくれました。


今でも思い出すのは、まだチビの頃、
ワタクシが横になると、必ずワタクシの顔の上に乗ってきて、
ワタクシの鼻をペロペロと舐めまわすのです(笑)
よっぽど、塩味が効いて美味しかったのでしょうか(^◇^;


あと、ライターの火を素手で押し消すなんて、怖いもの知らずなこともしてたかな(汗)


そんな彼女も晩年は食べすぎて太り気味になり、
歩くのもしんどそうな状態でした。


父曰く「食べることしか楽しみがないのに、食べたらアカンていうのは可哀想や」

この意見には賛否両論があるでしょう・・・。

しかし、の考えを全面的に否定することは、ワタクシにはできません。

たしかに、食事をドッグフードだけにして、栄養を考えてあげていたら
もっと長生きできたかもしれません。

でも、本当にそれで彼女は楽しい一生を送ったといえるのであろうか?

人間でも、好きなことをして一生を送れたら、
生きた時の長さに関係なく、
充実した人生だったと胸を張って言えるのではないでしょうか・・・。

彼女も、好きなものを食べ、好きなことをして、
両親にこれ以上ないほどの愛情をもって育てられました。
決して、不幸な一生を送ったとは思えません。

欲しがるモノを与えて、美味しそうに食べてる姿は
本当に幸せそうでした・・・。


13歳という年齢は決して早死にではないですし、
結果としては、正解とまではいわなくとも、
間違ってはいなかったんだと、信じたいです。


なあ、リリー
お前はどう思ってる?
ウチの子になって幸せだったかな?
納得のいく一生を送れたと思ってるかな?
お前がもし人間の言葉が喋れるなら、そのことが聞きたかったなあ・・・。


リリー・・・やんちゃでワガママで食いしん坊な我が家のお姫様。
オヤジの指を噛んで流血させるは、気に入らなかったら「ウ~ッ」て怒るは、
その傍若無人っぷりは凄かったね(苦笑)


でもこれだけは言えるよ!

ウチの子になってくれてありがとう!

幸せと喜びをありがとう!

さようなら、リリー!

いつかまた、『虹の橋』で会おな~!!

リリーその2


最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございました。

リリーは逝ってしまいましたが、

我々、家族に思い出をいっぱい残していってくれました。

家族(ペット)との別れは本当に辛いことですが、

生命の尊さを教えてくれる、かけがえのないパートナーですね。

リリーの死が教えてくれたことを心に留め、

これからも、空くんとのかけがえのない日々を大切に過ごしていこうと思います。


*尚、前回の記事へコメントをくださった、皆様。*
*ワタクシ、本日は心身ともに疲れ果て、*
*この記事を書くことだけで、精一杯の状態です。*
*お返事は後日させていただきますので、どうかご容赦ください。m(_ _)m *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。